HOME>トピックス>履いているときに痛みや圧迫を感じないゆとりのある靴を

目次

子供に特化した靴

足元

安全に外を歩くために欠かせないのが靴であり、歩きやすさにも直結するので慎重に選ぶことが大切です。靴が合わないだけで足が痛くなったり、足の指が曲がってしまったりする場合があります。足は第二の心臓と言われるほど大切な部位で、関節や内臓とも密接な関係があります。お子さんの健康維持のためには、履きやすい子供シューズを選ぶことが基本です。子供は成長が早いので、たった1年で足のサイズが大きく変わってくるのが普通です。ちょうどよいサイズであっても、あっという間に合わなくなるので定期的にチェックしてあげる必要があるでしょう。

靴を選ぶときの基本

子供シューズにはさまざまなサイズが用意されており、一人ひとりのお子さんに合わせられます。子供シューズを選ぶときは、サイズだけで選ぶのではなく実際にお子さんに履き心地を確かめてもらいましょう。サイズは少し余裕があるものを選ぶのが好ましく、これはお子さんの成長が著しいからです。子供シューズはつま先を無理なく動かせること、靴の内部で足全体がしっかりと固定されること、などをポイントに選びましょう。また通気性が悪いと足が蒸れてしまい、臭いや水虫の原因になるので、通気性がよいものをおすすめします。

広告募集中